シノケンハーモニーで負担軽減~成功ノウハウガイド~

男性

訪日観光客の増加

女性

日本への訪日観光客の増加が顕著になっています。2020年に2000万人としていた目標も大幅に前倒しで達成されることが確実な情勢となっています。京都でも訪日観光客が増加しており、宿泊施設の不足が深刻になっています。京都で不動産投資を行う場合には歴史的な建造物や街並みを保護するための規制が厳しいので注意が必要です。しかしながら京都への不動産投資は多様化する傾向を示しています。京都では一戸建て住宅の建設が一般的でしたが最近は低層のマンションの建設が増加しており不動産投資と一環として購入する投資家が見られます。一部には京都に魅力を感じている海外の投資家の取得も出て来ています。宿泊施設には海外のオペレーターが興味を示しています。

京都は長い間日本の都が置かれておりましたので歴史的に価値のあるものがたくさん残っています。したがってこれらの文化遺産を保護するために高さ制限や色彩の制限が通常よりも厳しくなっています。京都で不動産投資をする際には事前に開発する地域の規制の状況を調べておく必要があります。法律的には問題がなくても近隣の反対を受けてトラブルとなるケースも散見されているので近隣との調和した計画が必要です。容積を一杯に使った計画は高さが低くても必ずしもスムーズには運ぶとは限りませんので計画段階で近隣への対応が重要です。行政サイドでも近隣との合意を建設の条件とすることがありますので不動産投資をする前の事前確認が必要です。