シノケンハーモニーで負担軽減~成功ノウハウガイド~

積み木のビル

訪日観光客の増加

女性

京都は訪日観光客の増加で宿泊施設の不足が深刻な問題となっています。京都に不動産投資を行う場合には歴史的な建造物や文化遺産の関係で建設に対する規制が厳しいので注意が必要です。不動産投資をする前に開発地域の規制を確認する必要があります。

共通点を実践しよう

マンション

不動産投資を始める前に不動産投資本を3冊は読みましょう。不動産投資には、いろいろな投資手法がありますが、安定した収入を目指すのであれば、東京の投資マンションを狙うという点は多くの投資家の間で常識となっています。

高利回り商品を探そう

外観

運用効率を比較しよう

中古マンションで資産運用をしている人の中には、ボーナスをローンの繰上げ返済に充てる人も多いです。しかし、運用効率を最大限に挙げたければ、ローンを繰上げ返済するよりも、利回りの良い投資商品の購入資金に充てましょう。例えば、上場不動産投資信託は魅力的です。上場不動産投資信託とはマンションやオフィスビルなどの収益物件で運用する金融商品です。複数の収益物件を証券化することで小口販売できるようにし、株式市場で売買されています。多くの銘柄は数十万円程度で購入することができるので、ボーナス資金を充てるのに最適な投資商品と言えます。しかも、分配金利回りは4%前後と高めです。中古マンションでの不動産投資の利回りと比べても遜色ありません。

収益と費用を考えよう

ボーナスを中古マンションを購入した際に組んだローンの繰上げ返済に充てた場合の経済的メリットはローン金利に残り年数を掛けた分となります。ローン金利が2%で、ローンの残り年数が10年ならば20%の費用を削減できたことになります。一方で上場不動産投資信託の分配金利回りが4%だとすれば、10年での運用益は40%にもなります。繰上げ返済をしているよりも成果が大きくなります。もう少し詳しくみれば、ローンを完済した後、次の中古マンションを購入するとなると、不動産売買の手数料や登記費用がかかります。上場不動産投資信託の場合には1口数百円程度の売買手数料のみですから、コストもかなり抑えられます。ローンを繰上げ返済するのであれば、金利がもう少し高くなった頃が妥当と言えます。近年人気を集めている場所にシノケンハーモニーがあり、大手の投資マンションを取り扱っています。そのためシノケンハーモニーは、不動産投資を行なっている人たちからも人気が高く、信頼性もあるので安心することが出来ます。

丸ごと買うか一部を買うか

住宅

大阪で一棟売りマンションを購入するときは、事前にその周辺エリアの特性についてよくリサーチしておくことが大切です。一棟売りマンションと区分マンションにはそれぞれメリットがありますが、空き室対策などが自由にできるという点でも、一棟売りマンションがおすすめです。